Loading...

千葉県長生村

Living 移住・定住をお考えの方へ

“村暮らし”移住のポイント
千葉県で唯一の村「長生村」へ
移住を検討している人はチェックしよう!

  • 移住先でやりたいことは何だろう?

    ネットの普及や働き方改革の影響もあり地方移住者が増えるなか、挑戦する人が増えただけ失敗する人もいるのは事実。成功の秘訣は、いかに目的意識をもって移住するか。地方でただのんびり暮らしたい人より「家族と一緒に農業で生きていく」「地産地消のカフェを開く」など具体的な目的があると土地に馴染みやすく成功する可能性も高まる。

  • 現地に何度も訪れてみよう

    気になる移住先や物件を見つけたら、可能な限り何度も足を運んでみよう。自分と家族では受ける印象が異なったり、平日と週末でも土地がもつ雰囲気は違うはず。特に物件の場合は、晴天・雨天・昼・夜・平日・休日と6回は見ておこう。

  • 予想以上に物件の動きは速い

    地方だから大丈夫だろうと悠長に構えていると、気になった物件が早々に他の人に抑えられてしまうことも…。興味のある物件を見つけたら、早めに管理会社に連絡のうえ、まずは内見してみよう。早い場合は、2〜3日で契約が成立する物件もあるので物件選びは、慎重かつ大胆に決断したい。

  • 地方移住物件の探し方は都会とは違う?

    地方移住で重要になるのが物件探し。住宅は暮らしの拠点であり、移住後の夢や目的を実現できるかどうかを左右するといっても過言ではない。 そんな移住先での物件探しで最も重要なのが、土地の境界線。都市部では物件が密集していることもあり、土地の境界線には塀などがあり誰が見ても明白なことが多い。でも地方の場合は、「あの木からこの木まで」などかなりアバウトでその土地に暮らす人々のなかで、代々口承で伝えられるケースが多々ある。土地購入の際には、この境界線問題がトラブルの原因になることが多いので十分に注意したい。

  • 地方移住物件によくある『農地付き物件』のヒミツ

    移住後は憧れの農家暮らしがしたい人も多いはず。でも、農地付き物件は農家資格を保有していないと借りることができない。農家資格がない人が農地付き物件を借りる場合は、仮登録で一時的に権利を保全し、契約を進めることが可能。ただし、完全な権利ではないので農地付き物件は、新規就農者または農業従事者の移住向け物件といえる。

移住までのステップ
  • STEP
    1

    移住の目的を はっきりとさせる

  • STEP
    2

    自分に合った 移住スタイルを考える

  • STEP
    3

    家族やパートナーとも話合う

  • STEP
    4

    移住先の候補を考え 情報を集める

  • STEP
    5

    移住先での生活を 体験してみる

  • STEP
    6

    移住先での住まいを探す

  • STEP
    7

    生活の基盤となる仕事を決める

  • STEP
    8

    移住を実行する

助成・制度紹介
長生村独自の助成・支援制度で
生活をサポートします

  • 結婚新生活支援金

    結婚に伴う住宅購入や賃貸、引越し費用などに対し、新生活支援として補助金を交付します。補助を受けるには、年齢や所得による要件を満たす必要があります。

  • 特定不妊治療費助成

    不妊に悩むご夫婦への支援として、不妊治療に要する費用の一部を助成します。県の助成と併せて受けられ、特定不妊治療(対外受精・顕微授精)、男性不妊治療、男性不妊検査の助成が男女共に受けられます。

  • 妊婦一般健康診査費用助成

    妊婦健康診査受診票を使用しても自己負担が生じた場合、自己負担に対して、さらに一部を助成します。健診日に村に在住している方を対象に、出産から2年以内の申請が可能です。

  • おめでとう赤ちゃんプレゼント事業

    生まれたお子さまの健やかな成長を願い、保護者の出産に祝意を表して、こども商品券を支給します。生まれたお子さまと共に村で暮らす保護者のみなさまを対象に、新生児訪問時に商品券をお渡しします。

  • 子どもの予防接種助成

    インフルエンザ、おたふくかぜといった国の助成がない予防接種においても費用の一部を助成します。 (お子さまの各種予防接種は、受けられる年齢が定められていますので予めご確認ください。)

  • 高校生等医療費助成

    子育て支援の一環として中学生までの医療費助成に加えて、長生村在住の15~18歳の高校生等まで対象を拡大して助成します。 (保険適用外の医療費や夜間など診察時間外の医療費ほか、助成対象とならない医療費がありますので予めご確認ください。)

  • 奨学金等貸付制度

    村における将来の人材を育成する目的で、経済的理由により高校や大学進学が困難な生徒に対し、奨学金等の貸付を実施します。 (奨学金・育英修学金は各10人となり、受付期間も2月1日〜3月20日までとなります。)

  • 家庭用太陽光発電システム設置補助

    家庭における地球温暖化の防止及び再生エネルギーの導入促進を図るため、住宅用太陽光発電システムを設置する場合、経費の一部を補助します。

長生村役場 お問合わせ窓口

TEL: 0475-32-2111(代表) https://www.vill.chosei.chiba.jp/

※記載の情報は2019年12月現在のものです。
※上記の助成や制度を受けるには、各種条件を満たす必要があります。 詳しくは長生村HPもしくは長生村役場でご確認ください。